2008年02月08日

先輩からの手紙 第5回

さてこれまで4回お届けしてきた『先輩からの手紙』も今回でひとまず最終回。

ヒガネリでのキツイ日々を乗り越え、高校野球を体験している先輩達の言葉は一つ一つ説得力があったと思います。

さて最終回の今回はみんながよく知っている二人です。

まずは帝京高校3年の杉谷翔貴君。

『ヒガネリ時代の思い出』
合宿の時、サードからホームのラインに並ばされて全員張り手


『一番きつかった練習』
練習後の筋トレ


『高校で役に立った練習』
ライト→ライト間の走り込み
全力疾走

『近況』
ヒガネリで練習させてもらっています。ありがとうございます。
大学では1年からレギュラーになって、神宮大会に出場するために東京に戻ってきたいと思います。


さて、最後はこの春から正式にコーチに就任する事が決まっている
岩倉高校3年の岩見圭祐君。

『ヒガネリ時代の思い出』
この東練馬シニアで多くの事が自分自身にプラスになりました。
1、2年生の頃は練習についていくのが精一杯でした。
しかし3年生になってから菅井総監督、澤田監督から野球の本当の意味での楽しさや厳しさを学び、その練習にユニフォームを真っ黒にしてボールを追って仲間達と頑張ったことが思い出です。


『一番きつかった練習』
僕自身は本当に仲間が頑張っているのを見て自分もやろうと思い、頑張っていたので練習の全てが自分のためになると思ってやっていました。
でもやはりグランドでのアップやミーティングでの野球の話を理解するのがつらかったです。


『高校で役に立った練習』
グランド内での全力疾走が僕自身一番役に立ったと思います。
でも中学時代に菅井総監督に様々な野球の話が役にたちました。


『近況』
岩倉高等学校で野球を続け3年次には主将を務めました。
卒業後は大学へ進学して指導者を目指し、今後は東練馬シニアのコーチを務めます。


『その他』
この東練馬はグランドにも恵まれて素晴らしいスタッフがいます。
今の東練馬の現役の選手には周りの人の支え、仲間がいること、先輩達が同じグランドで同じような練習をしたことを頭に入れて、一日でも早く全国制覇出来るように頑張って下さい。



杉谷君、岩見君、ありがとうございました。


なお、まだ返答していない先輩方。これからでも受け付けますからぜひ返信して下さい。
お待ちしております。
posted by ひがネリ特派員 at 19:06| 東京 ☀| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

先輩からの手紙 第4回

さて数日空きましたが、先輩からの手紙をつづけたいとおもいます。

先日から高校3年生の手紙をお伝えしているんですが、その前に先日高校1年生から新たに手紙が届きましたので、そちらを先にお送りしようと思います。


日本大学豊山高校の神崎修君です。

『ヒガネリ時代の思い出』
全国大会出場を決め、監督、総監督を胴上げした事。
全国3位になったこと。

『一番きつかった練習』
冬の走り込み

『高校で役に立っているもの』
東練馬で学んだ技術。野球に取り組む姿勢。
厳しい練習の中で身に付いた強い精神力

『近況』
まだ1軍には上がれていませんが、日々メンバーに入れるように頑張っています。

『その他』
練習中に口うるさいと思う事があると思いますが、こんなに丁寧に教えてくれる指導者はそうはいないので、3年間でたくさんのことを学んで下さい。
本当に東練馬で3年間野球をやれて良かったです。


続いて高校3年生から。

日本大学高校の山下智詩君。

『ヒガネリ時代の思い出』
自分の代はズバ抜けた選手はいなかったが、チームは一つにまとまっていて良かったと思う。
キツかったのも思い出にはあるが、試合に使ってもらっていたので、楽しかった思い出の方が強い。
菅井監督に怒られて、一人、ノックを受けたり、正座してたときの思い出もあります。
友人とは最後の大会は三回戦で負けたが、このメンバーで出来た事がうれしかった。

『一番きつかった練習』
冬の走り込み
夏の暑い中での水が飲めないノック

『高校で役に立ったもの』
OBとの練習試合
礼儀や全力疾走などの細かい指導

『近況』
内部進学の受験に合格して、日本大学文理学部体育学科に決まりました。
教師を目指して頑張ろうと思います。菅井監督も日大二高卒なので、また色々お世話になるかと思います。


続いても高校3年生の日高将臣君。

『僕が東練馬で学んだこと』
僕が東練馬シニアで学んだことは菅井監督のもとで誰よりも努力する事、頭を使った野球をする事です。
僕は体が小さく、力もなく、人より劣っている所ばかりでしたが、そんな僕がどうすれば自分のプレーを出来るかを教えてくれたのは菅井監督でした。
ずいぶんと叱られたし、時には練習から外されたこともありました。

高校に入って、僕は高校の監督と合わなくて、野球を辞めてしまいましたが、シニア時代に教わったことは野球でなくても自分の為になっています。

今は受験勉強を頑張っています。
でも出来れば大好きな野球を最後まで諦めないように頑張ってくれることを後輩には期待します。

それからシニアの素晴らしい仲間と一緒にプレー出来た事を大切な宝物にしていきます。


神崎君、山下君、日高君、どうもありがとうございました。
posted by ひがネリ特派員 at 15:17| 東京 ☁| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

先輩からの手紙 第3回

グランドで数人の父兄からお褒めの言葉を頂いたこの企画。
そうした声は私にとっても励みになりますので、どんどん言って下さい。
私は褒めると伸びる子です。(もちろん批判も甘んじて受けますけど)


さて、第3回は一つ学年が上がります。

帝京高校2年生でキャプテンの杉谷拳士君。

『ヒガネリ時代の思い出』
冬の張り手6発。(後輩のプロレスごっこが見付かったため、キャプテンとして怒られました)

『一番きつかった練習』
総監が横にいる時の往復アップ

『高校で役に立っているもの』
ランニングキャッチボール、投内サインプレー

『近況』
帝京高校主将として、深紅の大優勝旗を手にしたいです!
そのために冬のトレーニングをがんばっています。特に下半身を強化しています。

『その他』
後輩のみなさん、選抜では頑張って絶対に優勝して下さい!


つづいて、さらに学年が上がってこの夏に高校野球を引退した高校3年生の登場です。

まず最初は、岡山理科大学付属高の谷本裕樹君。

『ヒガネリ時代の思い出』
菅井総監督が良く言う「グランド一周!」っていうのが、とても印象に残ってます。

『一番きつかった練習』
練習後の自宅までのランニング10km

『高校で役立っているもの』
具体的にはないが、菅井総監督、澤田監督などに教えてもらっている事全部が高校で役立っている。

『近況』
2007年夏、甲子園出場(岡山理科大学付属高)
上武大学(群馬)進学予定

『その他』
東練馬では野球の技術だけでなく、礼儀などをしっかり教わったと思います。
高校での上下関係、敬語の使い方など社会に出ても恥ずかしくないようにしてくれるのが東練馬の良いところ。
東練馬は本当に最高でした。今も自慢のチームです。


杉谷君、谷本君、どうもありがとうございました。
posted by ひがネリ特派員 at 19:14| 東京 ☀| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

先輩からの手紙 第2回

少し間が空きましたが、『先輩からの手紙』の第2回をお送りします。

確認までに質問項目は
1、ヒガネリ時代の思い出
2、一番きつかった練習は?
3、この練習は高校で役立ったというものは?
4、近況
5、その他、思いつく事があれば

今回も引き続いて高校1年生に登場してもらいます。

まずは城谷宥一郎君。

『ヒガネリ時代の思い出』
全国大会で3位になれたこと

『一番きつかった練習は?』
冬のポール間走

『高校で役に立っているもの』
どの練習というよりも東練馬の野球に対する姿勢(考え方)は高校でも十分に役立つと実感しています。

『近況』
最近は冬のトレーニングの時期に入っていて、日々苦しみながらも頑張っています。

『その他』
今年こそは全国優勝を目指して頑張って下さい。応援しています。

続いて、荒井大樹君

『ヒガネリ時代の思い出』
神宮で野球ができたこと

『一番きつかった練習』
走るメニュー

『高校で役に立っているもの』
連係プレーが上手くなった。
色々な状況に応じる事が出来るようになった。

『近況』
レギュラーになるために日々頑張っています。

『その他』
東練馬で野球を3年間やって、本当に良かったと思っています。


城谷君、荒井君、どうもありがとうございました。
posted by ひがネリ特派員 at 04:27| 東京 ☁| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

先輩からの手紙 第1回

これまで多くの先輩を輩出している我がチーム。

その多くの先輩が高校野球や大学野球などで、今も活躍しています。
現在ヒガネリにいる選手にとってはそれらの先輩から学ぶ事は多いと思います。

そこで現在高校に通う45人の先輩にアンケートのお願いをしました。
質問項目は4つ。
1、ヒガネリ時代の思い出
2、一番きつかった練習は?
3、この練習は高校で役立ったというものは?
4、近況
5、その他、思いつく事があれば

そこで返信のあった10人の先輩達のアドバイスを5回に分けて紹介しようとおもいます。

まず第1回は昨年卒業した現高校1年生。


記念すべきトップバッターは去年のキャプテン。
東北高校に通う加藤公也君です。

『ヒガネリ時代の思い出』
全国大会三位はもちろんですが、やはり夏の大会の予選で、最後の最後に勝ったことです。
苦しい戦いが続きましたが、結果、全国大会に出られ個人的にはベストナインと打撃賞を頂いた事が一番の思い出です。

『一番きつかった練習』
3年間通して冬場のトレーニングがきつかったです。
地道な練習ですが、体力も付き、最後の夏で良い結果が出せたと思います。

『近況』
夏〜秋にかけて調子を崩しましたが、最近は調子も戻ってきております。

後輩へ
高校へ行くと毎日練習です。
強い意志と心を持って下さい。
また、柔軟運動をしっかり行い、怪我をしない体作りも大切だと思います。

春の選抜大会に向けて頑張ってください。


つづいて、選手権でランニングホームランを打った橋本球史君です。

『ヒガネリ時代の思い出』
全国大会に出て、色々な球場に行けた事

『一番きつかった練習』
特別きつかった練習はないけど、
一つ一つの練習での緊張感がすごくきつかった。あとアップは結構きつかった。

『高校で役立った練習』
最初のアップ、ゲームノック、盗塁の練習などヒガネリで教わった事全て。
色々な高校と比べても、ヒガネリの練習内容はレベルが高かったのだとすごく実感させられた。

『近況』
ヒザの状態があまり良くないけれど、針治療に通いながらなんとか頑張っています。

『その他』
高校の走り込みはすごくつらいから、シニアを引退してから高校に入学するまでの間に体力を付けた方が良いと思う。(特にヒガネリは他のシニアと比べても全然走らない方だから)


加藤君、橋本君、どうもありがとうございました。
posted by ひがネリ特派員 at 14:39| 東京 ☁| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

アンケート最終回 いつから〜そしていつまで

念願の日本選手権出場も決まりほっと一息と言うところでしょうか。
今までだったら恨めしい水曜日の雨も「まぁ、今日くらいはいいよ」と言いたくなりますね。

さて本題に移る前にちょっと個人的なことですが、私の事をご報告しておきます。
先日の日曜日。皆さんに心配と笑いをお届けしたギプス姿ですが、周りの方に押されるように試合後に病院に行って参りました。
レントゲンを撮った結果、骨には異常がないという診断が下りました。
一時はまったく動かせなかった左手もかなり動かせるようになりました。

まぁ、そんな話はさておき。
いよいよ長く続いたヒガネリアンケートも最終回です。

最終回のテーマは『野球はいつから そしていつまで』

まずは野球を始めた時期から。

1年生

幼稚園年長
3歳
7歳
小学校入学3ヶ月前
小学1年生 (9票)
小学2年生 (3票)
小学3年生 (5票)
小学5年生

2年生

6歳 (2票)
小学1年生 (4票)
小学2年生 (6票)
小学3年生 (4票)
小学4年生 (2票)
小学5年生

3年生

◎野球はいつから始めた?

3歳
6歳
小学1年生 (9票)
小学2年生 (6票)
小学3年生 (2票)
小学5年生

どの学年でも1〜2年生が大半ですね。
なかには3歳からと言う星飛雄馬の様な選手がいるんですねぇ。
すでに野球歴10年を越えてるんですね。頼もしい限りです。


つづいて、今回のアンケートで私が一番調べてみたかったテーマ

『いつまで野球を続けたい』

このアンケートに関してはどの学年もばらけました。
まず1年生

20〜41歳
30歳
35歳
40歳 (5票)
43歳
45歳 (3票)
48歳 (2票)
50歳 (2票)
51歳
60歳
90歳
死ぬまで (3票)
がんになるまで
体が動く限り
生きている限り
出来る限り (2票)

2年生

20歳
30代
30歳
35歳 (3票)
38歳
50歳 (2票)
85歳
野球が出来る年まで
動けなくなるまで
球を投げられなくなるまで
出来なくなるまで (4票)
出来るだけ続けたい (2票)
(教える側もやりたい)

3年生

19歳
20歳
30歳
35歳
40歳
69歳
大学 (3票)
草野球 (2票)
飽きるまで
体が持つまで
野球が続けられなくなるまで
出来るだけ (3票)
出来るだけ長く
一生
死ぬまで (2票)

各学年見事にばらけたんですが、嬉しかったのは「高校まで」と答えた選手がいなかったことですね。
ばらけはしたものの、トータルすれば30歳以上と答えた選手が大半を占めました。
これはひとえに、長く野球が出来るように、と指導してくれている総監督のおかげでしょう。

この思いが現実になるように、これからも長く野球生活を送って欲しいと思います。

これですべてのアンケートが終わりました。
協力頂いた選手諸君。ありがとうございました。

posted by ひがネリ特派員 at 19:08| 東京 🌁| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

雨で練習が中止になったら何をする? アンケートより

皆さん、今が梅雨だって覚えてますか?
チームにとっては試合が順延になったりする面倒がない分ありがたいことではありますが、このままで行ったら夏の水不足が心配ですね。

まだ梅雨は明けてませんから、まだまだ雨の週末という可能性があります。

と、言うことで本日のアンケートテーマ。

『雨で練習が中止になりました。さて何をする?』

今回も学年ごとに分けて発表したいと思います。

まず1年生。

勉強(10票)
 学校や塾の宿題(2票)
トレーニング(5票)
 自主練習(4票)
 素振り(4票)
 家の中で出来るトレーニング(3票)
 屋根の下で素振り
 車庫で素振り
 カッパを着てランニング
 出身チームに行って野球(3票)
 途中で晴れたらキャッチボール
道具磨き

非常に分かり易い結果となりましたね。
道具磨きという選手以外は、勉強をするか、体を動かすか、どちらかだということです。
トータルでは勉強が12票、体を動かすのが23票。
やっぱり体を動かす方が圧倒的に多かったですね。


続いて2年生。

家でトレーニング
 筋力トレーニング
 素振り300 インナーマッスル(2票)
 出来る範囲の自主練
 素振り、野球用品を買いに行く
 遊ぶ&素振り
 トレーニングか素振り
 家の中で出来ることをする
勉強・自主練
 勉強・寝る・遊ぶ
体をしっかり休める
 家の中で素振りと休む
 休む、素振り
勉強とトレーニング(2票)
 仕方なく勉強
野球以外の事
のんびりと野球以外の事
ウイイレ

2年生の特徴はとにかく複数回答と言うことですね。
1年生と違って野球も勉強も少し余裕が出来てきたからでしょうかね。
そしてここに来て初めて出てきたのが、「休む」という回答。
ちょっと日々の疲れが出てきてるんですかね。
ちなみに一番下の「ウイイレ」と言うのは、「ウイニングイレブン」と言うサッカーゲームのことですね。せめて野球ゲームをやれよ、とだけ言わせて貰います。


さて最後は3年生。

寝る(11票)
 少し練習したら寝る
 素振り→テレビ→寝る
トレーニング(2票)
 筋トレ
 軽く練習
勉強(2票)
友達と遊ぶ(5票)
 映画鑑賞

疲れてるんだねぇ、3年生は。(^^)
寝るという回答が11票、トータルで13人が何らかの形で「寝ちゃってる」んですね。
いや、ホント、疲れてるんだねぇ。
一番やっていると思っていたトレーニングが計4票。
勉強などはわずか2票ですからね。

すごいですねぇ、こんな3年生が今のヒガネリを引っ張ってるんですからね。

ウチの子は全然勉強しない、寝てばっかりだ。って心配している親御さん。
ヒガネリってこんなチームだから大丈夫みたいですよ。
posted by ひがネリ特派員 at 13:35| 東京 🌁| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

自分より上手い選手は何人いる? アンケートより

さて久しぶりにアンケート続行です。

今回のテーマは『自分より上手い選手は何人いる?』です。

ちょっとアバウトな聞き方だったから、選手からは

「これってチーム内ですか?それとも世界中?」

なんて質問を何度も受けました。

基準を世界に向けている辺りが頼もしいというか、無茶というか。
ともあれチーム内で、ということで選手に書いてもらいました。

今回も学年ごとにしてみました。

まずは1年生。

2人
3人
4人 (2票)
5人
7〜8人
8〜9人
10人 (2票)
15人 (2票)
19人
20人 (5票)
24人
25人 (2票)
26人
全員 (2票)
結構
よくわからない

ずいぶんばらけました。そして「オレが一番上手い」って思ってる選手がいないってのが意外でした。一番多かったのが20人と答えている選手です。10人以上と答えた票を集めてみると16票。
実力はかなりのものだと思うんですが、ずいぶんと遠慮深いのが今年の1年生のようです。

続いて2年生。

0人
3人
4人
5人2
6人
7人
7〜9人
10人6
14人
15人以上
全員
たくさん2

ついに出ました0人。いいですよねぇ。それくらい自信持ってるってのは素晴らし事です。
2年生は1年生ほどばらけてないですね。一番多かったのは10人の6票ですが、一桁の投票も結構多かったですね。頼もしい限りです。

最後は3年生。

いない2
5人3
7人
9人
10人7
15人
19人
20人3
無数

これまた0人投票が出てくれました。しかも複数。自分に自信を持つというのは素晴らしいですからね。この人数がもうちょっと増えると嬉しいんですが。
申し合わせた訳じゃないんでしょうが、ずいぶんとこぢんまりとまとまりましたね。
最多得票はまたも10人(7票)学年での人数を考えると10人というのはちょうど中間くらい。自分の実力は真ん中辺と考えている選手が多いんでしょうね。


3年生は高校に行ったら、1、2年生はこれからもっと練習して自信をつけて、自分より上手いのは一桁と答える選手が増えてくれると嬉しいですね。
posted by ひがネリ特派員 at 13:51| 東京 🌁| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

平日の自主練習はどれくらい? アンケートより

さて本日のテーマは『平日の自主練習はどれくらい?』


まず安心したのは各学年とも、0ってのがいなかったことですね。

では1年生から。

30〜45分
40分〜1時間
1時間 (7票)
1時間30分
1時間以上
1時間〜2時間 (3票)
3時間
3〜4時間
4時間
結構3
まあまあ2
普通に
素振り
素振り300、ランニング、筋力トレ

圧倒的に多かったのは1時間という選手。それ以外はかなり細かく分かれました。
3時間以上って答えた選手が3人もいました。
すごいですねぇ。朝と夕方足してもなかなかそこまでいくもんじゃないですからね。


つづいて2年生

1時間 (4票)
1時間半 (2票)
1時間〜1時間半
1時間半〜2時間
1時間〜2時間(2票)
2時間
2時間〜3時間 (3票)
3時間
ほぼ毎日
素振り
素振り200 トレーニング2セット(2票)
その日によって

最後は3年生

30分 (3票)
30分〜1時間(5票)
1時間 (6票)
1時間〜1時間半
1時間半(2票)
1時間〜2時間(3票)

学年が上がるごとに時間が長くなるのかなと思ってたら、若干短くなっているような・・・。
短くてもしっかり集中してやることが出来るようになった、と解釈しておきましょう。


あ、くれぐれもこれを読んで「ほら、あんたの自主練習は短いんだ」と子供にプレッシャーを掛けないように(^^

posted by ひがネリ特派員 at 16:55| 東京 ☁| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

あこがれの選手は? 訂正

先日発表しました『あこがれの選手は?』に漏れていた選手がいました。


しかも4票も獲得してる選手を。

ということで、この選手が第4位になります。


それは

松井稼頭央 (1 1 2)計4票

稼頭央に投票していた選手、ごめんなさい。

一時は不調にあえいでいたけど、走攻守揃ったマルチプレーヤーですからね。日本にいたい時代から熱狂的なファンが多いんでしょうね。

と、いうことで、4位に入っていた金本選手が自動的に5位になります。
重ね重ね失礼しました。
posted by ひがネリ特派員 at 19:16| 東京 ☀| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

一番やりたいポジションは? 所属部は何?

昨日に引き続きアンケートネタで行きます。

まずは『一番やりたいポジションは?』

今回は学年ごとに順位を発表しようと思います。
まずは1年生。

ピッチャー(6票)
ショート(3票)
セカンド(3票)
ライト(3票)
キャッチャー(3票)
ファースト(2票)
サード(2票)
センター(2票)
外野(2票)
レフト(1票)

ライトが3票を取り、サードよりも人気があったのは意外でした。

続いて2年生

ピッチャー(6票)
ショート(4票)
ファースト(2票)
セカンド(2票)
サード(2票)
外野(2票)
レフト(1票)
センター(1票)
ライト(1票)

1年生では3人もいたキャッチャー志望が2年生ではゼロ。きっと先輩達の怒られっぷりを見てるからでしょうね。代々一番怒られるのはキャッチャーですから。


最後は3年生

ピッチャー(7票)
ショート(3票)
ファースト(2票)
センター(2票)
キャッチャー(1票)
セカンド(1票)
サード(1票)
内野(1票)
外野(1票)
どこでも(1票)

3年生は圧倒的に内野に人気が集まりました。表には入れませんでしたが、1(ピッチャー)〜6(ショート)ならどれでもという意見もありました。


つづいては『所属部は何?』という質問

第1位

陸上部(7 3 3)計13票

クラブチームの選手は団体スポーツの部活に入れないという学校が多いようですから、走り込みを兼ねて陸上部に入る選手が多いんでしょうね。


第2位

バスケットボール部(2 3 2)計7票

バスケットの短い距離のダッシュは野球にも通じるものがあるでしょう。
学校側がオッケーしてくれないとなかなか入れないとは思います。


第3位

卓球部(3 2 1)6票

かつては地味な部活ナンバー1だった卓球部も今や愛ちゃんのおかげで人気スポーツ。
その割りに実にハードな練習をしているから体力作りには向いているかも。


第4位

野球部(1 1 3)5票

ウチの学校では禁止されてるからよく分からないんだけど、ノックとかも参加してるんでしょうか?学校で硬式でキャッチボールしたら・・・怒られるよねぇ、やっぱり。


第5位

バトミントン部(2 0 1)3票

バトミントンは投げる動作に通じるものがあるから、非常に良い選択だと思います。
(昔バトミントン部だった広報部長)


これ以降は少数のものです。

サッカー部(1 0 1)
レクレーションスポーツ
硬式テニス
文化系(読書、パソコン、英語、囲碁将棋、日本文化、クリーン)

そして今回、あえて順位に入れませんでしたが、影の1位というのがあります。
それは・・・

帰宅部、無所属(4 9 7)20票

本当ならぶっちぎりの1位でした。
部活には所属せず、たっぷり自主練を・・・してるんでしょう。

posted by ひがネリ特派員 at 15:10| 東京 ☀| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

あこがれの選手は? アンケートより

先日、持ち越しになったアンケート「あこがれの選手は?」発表です。

第1位は!!

イチロー (シアトル・マリナーズ)(7 1 1)計9票

やはりこの人でしたね。文句なしの1位です。ちなみに括弧内は前から1年、2年、3年となります。


つづいて第2位

松坂大輔 (ボストン・レッドソックス)(4 2 1)計7票

こちらも順当。当然の上位でしょう。60億の男はやはり野球少年のあこがれでした。


第3位。

川崎宗則 (ソフトバンクホークス)(0 5 1)計6票

NPBで最初に登場したのは、「ムネリン」こと川崎選手でした。2年生で抜群の人気でした。


第4位

金本知憲 (阪神タイガース)(1 2 0)計3票

正直もっと上位かと思いましたが、3年生での得票が無く伸び悩みました。


第5位 これ以降は複数います。

青木宣親 (東京ヤクルトスワローズ) (2 0 0)
城島健司 (シアトル・マリナーズ)   (2 0 0)
松中信彦 (ソフトバンクホークス)  (1 1 0)
井端弘和 (中日ドラゴンズ)     (0 2 0)
和田毅  (ソフトバンクホークス)  (0 1 1)
斉藤佑樹 (早稲田大学)       (0 2 0)

注目はやはり早稲田の斉藤でしょう。さすが神宮球場を満杯にする集客力を持った選手です。

残るは1票ずつ獲得した選手達です。

稲葉篤紀 (日本ハムファイターズ)
福地寿樹 (西武ライオンズ)
古田敦也 (東京ヤクルトスワローズ)
根元俊一 (千葉ロッテマリーンズ)
松井秀喜 (ニューヨーク・ヤンキース)
TSUYOSHI(西岡剛)(千葉ロッテマリーンズ)
岩村明憲 (タンパベイデビルレイズ)
カブレラ (西武ライオンズ)
黒木知宏 (千葉ロッテマリーンズ)
鳥谷敬  (阪神タイガース)
吉村裕基 (横浜ベイスターズ)
二岡智宏 (読売ジャイアンツ)
桑田真澄 (ピッツバーグ・パイレーツ)
前田智徳 (広島東洋カープ)
新垣渚  (ソフトバンクホークス)
井口資仁 (シカゴ・ホワイトソックス)
藤川球児 (阪神タイガース)
藤本敦士 (阪神タイガース)
杉谷拳士 (帝京高校)
新庄剛志 (元・日本ハムファイターズ)
佐々木主浩(元・横浜ベイスターズ)

意外だったのは松井秀喜が1票しか入らなかったことですね。やはりWBCに出なかったことが未だに影響しているのかも知れませんね。
そして巨人の選手が二岡しか登場しなかったと言うこと。成績ではトップを走る巨人も人気面では低迷しているようですね。

そしてなんと言っても赤字で書いてみました杉谷拳士君。数多いプロ選手に混じって早大の斉藤と並んでアマチュアで数少ないランクインです。
なんと言っても、一番身近なスター選手。高校球児を対象にしたランキングならぶっちぎり1位になること間違いないでしょう。

いかがでしたか。
今回のランキングでは30人の選手中7人がメジャーの選手。(メジャーOB2名)
今後、ランキングに入っている選手がメジャーに流出する可能性はありますね。
見てみたい気がするし、でもいかないで欲しいという気持ちもあるし。
どうなるでしょうね。
posted by ひがネリ特派員 at 12:12| 東京 🌁| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

好きな球団はどこ? あこがれの選手は誰? アンケートより

アンケート実施からちょっと時間が経ってしまいましたが、ようやく集計が終わりましたので、今日から順次アンケート結果を発表していきます。

今日のテーマはタイトルにもある通り。

『好きな球団はどこ?あこがれの選手は誰?』

まずは好きな球団から。

栄えある第1位は!! ドラムロール!!!(適当に気分出して下さい)

「ソフトバンクホークス」です。

1年生4票、2年生3票、3年生4票と安定した人気を集めたのがソフトバンク。
1年生と3年生では人気1位、2年生では2位。総得票でもぶっちぎりの1位でした。
圧倒的な投手力、破壊力のある打線。そして王さん。
どれをとっても12球団1でしょうからね。あとは結果だけですね。

つづいて2位は!!

「阪神タイガース」です。

1年生こそ1票ですが、2年生4票、3年生3票と上の学年の人気を集めてセ・リーグではトップでした。
東京の野球少年に関西のチームがこれほど人気というのが意外ですね。

つづいて第3位!!

「東京ヤクルトスワローズ」です。

さすがは東京の球団と言いたい所なんですが、なんと獲得した5票はすべて1年生。
2年生、3年生ではまったく得票がありませんでした。
しかしそれでも総得票では第3位となりました。

つづいて第4位!

これは複数になりました。
どの球団も4票を獲得しての4位。

「千葉ロッテマリーンズ」
「読売ジャイアンツ」
「西武ライオンズ」
「シアトルマリナーズ」

「千葉ロッテ」は1年、2年で2票ずつ。
「巨人」は1年、2年で1票ずつ、3年で2票を獲得。
「西武」は1年で2票、2,3年で1票ずつ。
「マリナーズ」はヤクルトと同じく1年生のみの得票でした。

千葉ロッテはあの優勝で人気をグッと集めたんでしょうね。西武はおそらく松坂が所属していた頃からって言うのが実情でしょう。今はイメージが悪いから早く球場の名前を変えるべきでしょうね。
そしてようやく登場した球界の盟主。あるいはもっと下じゃないかとも思ったんですが意外にちゃんと得票がありましたね。
そして「マリナーズ」これはおそらくイチローと城島に人気に他ならないでしょう。

さて、このあとは8位になりますね。
3票を獲得して8位になったのは

「ニューヨークヤンキース」

今シーズン不調なのが、マリナーズに負けてしまった原因ですかねぇ。

さてつづいては9位。
わずか2票獲得でかろうじてランク入りしたのは・・・

「横浜ベイスターズ」
「東北楽天ゴールデンイーグルス」

私の大好きなベイスターズがこの位置というのが腑に落ちませんが、結果は結果だからしかたありませんね。
2チームとも、2、3年で1票ずつ獲得しています。

さて、残すは1票を獲得したチームのみ。

これで11位、ほぼランク外ってことになりますね。
ファンの方はがっくりかもしれませんが、いきますよ。
かろうじて1票を獲得したのは!

「中日ドラゴンズ」
「広島カープ」
「日本ハムファイターズ」

以上3チームでした。

とりあえずセ・リーグは全チーム出ましたが、パ・リーグで1球団、12球団で唯一登場しなかった球団があります!


その球団は!!!!


「オリックスバファローズ」


清原の故障、主力の流出と良いところ無しのオリックス。
唯一目立ってるのが出戻りのローズでは、関西のチームが東京の子供に人気を得るのは難しいでしょうね。

それと松坂大輔の所属する「ボストンレッドソックス」や、井口の所属する「シカゴホワイトソックス」の名前が出なかったのは意外でしたね。
メジャーの中継って夜中だったり、早朝だったりと、中学生があまり見られる時間じゃないからでしょうかね。


さて、本当はこのあと、『あこがれの選手はだれ?』に行こうと思ったんですが、意外に長くなっちゃったんで、それはまた後日に回そうと思います。

では、その時までお楽しみに。
posted by ひがネリ特派員 at 04:06| 東京 ☀| アンケート企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする