2019年01月08日

2人の学生コーチをお願いします

IMG_1000.JPG

現在、2人の学生コーチが選手達のために頑張ってくれています。

コーチとはあまり接する機会の無い父兄の皆さんのために、ちょっとお二人の紹介をしようと思います。

爽やかな笑顔の二人。
写真左は宮脇翔大(しょうた)コーチ。
東練馬シニア33期生で中学生の時は内野手として活躍していました。
33期生と言うと城田さん、佐々木さん、小島コーチの息子さん、現在特別コーチ兼練習生の小田君、38期生の飯塚君のお兄さんと同期という、現在の東練馬と繋がりが強い代と言えると思います。
ヒガネリ卒団後は福島県の日大東北高校に進学。
3年次には夏の大会、全国高等学校野球選手権大会で福島県予選ベスト4という成績を収めています。
現在大学1年生ですが、名誉会長たっての希望でコーチに就任してくれました。

写真右は新田大翔(ひろか)コーチ。
仙台出身で中学では仙台太白シニアに所属。
宮脇コーチと同じ日大東北高校に進学。
3年次には主将を務めていたという事です。
ヒガネリOBではない学生コーチというのは珍しいんですが、将来指導者を目指していて、東練馬で指導の勉強をしたいとコーチに就任してくれました。
ヒガネリには素晴らしい指導者がたくさんいますので、多くを吸収して良い指導者になって欲しいと思います。

私の息子もヒガネリで4年間コーチとして多くの事を学び、それが教員となった今に生かされています。
二人ともまだコーチになって日が浅いため、まだまだ遠慮気味に活動している様に見えますが、強豪高校で鍛えた野球センスと体力は本物です。
選手達の兄貴分として色んな相談に乗ったり、力を発揮してくれる事でしょう。

名前が翔大、大翔と奇跡的な名前なんですが、しょうた、ひろかと呼び名はまったく違うってのがすごいですね。

息子達同様、コーチ達の成長も見守っていって欲しいと思います。よろしくお願いします。
posted by ひがネリ特派員 at 23:32| 東京 ☀| ひがネリTIMES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする